データ作成ガイド:カットパス作成

カットパスの作り方 アクキー 1個から グッズ制作
データ作成 カットパス作成1 アクキー 1個から グッズ制作

カットパスについて

カットパスはアクリル板をカットする位置を決めるものです。
このページではそのカットパスの作成に関しての手順と注意事項についてご案内いたします。
まずは、カットパスを作成する前にお伝えしておく注意事項からお伝えします。

 

カットパス作成の注意事項

注意事項は大きく分けて以下の2点がございます。

データ作成 カットパス作成2 アクキー 1個から グッズ制作

データ作成 カットパス作成3 アクキー 1個から グッズ制作

以上を踏まえて、カットパスを作成していきましょう!
入稿形式(AIデータ入稿、PSDデータ入稿)でそれぞれ方法が異なりますので、順番にご説明いたします。

 

データ作成 PSD入稿可 アクキー 1個から グッズ制作

「カットパス」レイヤーにカットする位置を書き込んでください。
線画、または塗り潰しでカットラインを指定することができます。

※当店の方で白版レイヤーを読み込んでパスデータを作成します。
読み込み機能の都合上、指定の形状を完全に再現できない場合がございますので、
予めご了承ください。

 

キーホール指定の仕方

キーホールのテンプレートレイヤーがございますので、拡大縮小は行わず、任意の場所に配置をしてください。カットパスレイヤーとの結合は任意です。
(※キーホルダーにしない場合、この作業は不要です)

 

 


データ作成 AI入稿 アクキー 1個から グッズ制作

テンプレートのうち、「カットパス」レイヤー内にペンツールなどを使用して描きます。
カットパスは極力アンカーポイントを減らし、なめらかなカーブで作成してください。

データ作成 カットパス作成5 アクキー 1個から グッズ制作

キーホール指定の仕方

カットパスを作成した後、キーホルダーにするためのキーホールのパスを追加します。
テンプレートのうち、「キーホールテンプレート」レイヤー内にあるパスを配置してカットパスと合体させてください。
(※キーホルダーにしない場合、この作業は不要です)

データ作成 カットパス作成6 アクキー 1個から グッズ制作

データ作成 カットパス作成7 アクキー 1個から グッズ制作

 


カットパスの作成が出来て、デザイン配置、白版も作成出来たらデータは完成です!
お疲れ様でした!データが出来たらご注文のお手続きをいただき、データのご入稿をお願いいたします。
ご注文の流れはこちらからご確認いただけます。

 

 デザイン配置の仕方  

  白版の作り方  

データ作成ガイド一覧